フォトフェイシャルの効果とは?効果が出るまでの回数やデメリットもご紹介

※この記事はプロモーションを含みます

記事の監修者

看護師|雪さん

美容看護師歴2年。美容クリニックで勤務中。実際に、患者への美容施術やカウンセリングを行っている。患者の肌質によってレーザーのパワーを細かく調節すること、施術間隔のペースの提案、施術の組み合わせ方のアドバイスが得意。

フォトフェイシャルの効果とは?効果が出るまでの回数やデメリットもご紹介

「ニキビ跡を手頃な価格で改善したい」
「最近、肌のキメやハリが気になる…」
そんな方におすすめのエステメニューがフォトフェイシャルです。

フォトフェイシャル「肌に優しい美容エステ」として知られる治療の1つで、多くの専門医からも支持されています。

施術時間が短く、痛みもほぼありませんが、シミ・シワ・ニキビ跡・毛穴と幅広い肌悩みに対応できるという特徴があります。

本記事では、フォトフェイシャルの効果やメリット・デメリットについて詳しくご紹介します。フォトフェイシャルを受けられない人やフォトフェイシャルにまつわるQ&Aも解説しますので、施術を検討中の方はぜひ参考にしてください。

フォトフェイシャルは様々な美肌効果あり!フォトフェイシャルで期待できる5つの効果とは

 フォトフェイシャルは様々な美肌効果あり!フォトフェイシャルで期待できる5つの効果とは

フォトフェイシャルは幅広い肌悩みに効果が期待できる施術です。ここでは、主な効果5つについてまとめました。

【フォトフェイシャルの効果①】シミ・くすみ・そばかすなどの黒ずみの除去

まず1つ目は、シミ・くすみ・そばかすの改善です。フォトフェイシャルではIPL(Intense Pulsed Light)と呼ばれる特殊な光を肌に照射し、過剰に生成されたメラニンを排除します

IPL(Intense Pulsed Light)から発生した熱によって破壊・分解されたメラニン色素は2~3日で肌の表面に浮き上がり、古い角質や老廃物と共にはがれ落ちます

定期的にフォトフェイシャルを受けることで、メラニン色素の生成を抑える効果も期待でき、シミやそばかすができにくくなります。皮膚の奥に潜んでいたり、薄いけど確かに存在していたりする隠れジミにも効果的です。

【フォトフェイシャルの効果②】毛穴の開き改善

2つ目は、毛穴の開きの改善です。フォトフェイシャルには、毛穴の広がる原因となる「皮脂の過剰分泌」を抑える効果が期待できます。皮脂を溜め込まないようにすれば、毛穴は必要以上に押し広げられません。

美容成分を増やす効果もあるので、緩んでいた毛穴が引き締まり、回数を重ねるほどキメの細かい肌へ導かれるでしょう。

【フォトフェイシャルの効果③】赤ら顔の改善

3つ目は赤ら顔の改善です。赤ら顔とは、頬・鼻・アゴなど顔の一部分に赤みが出る症状のことです。フォトフェイシャルで照射するIPLの光は、赤みの原因となるヘモグロビンに反応し、毛細血管を目立たなくします

【フォトフェイシャルの効果④】ニキビの色素沈着解消

4つ目はニキビ・ニキビ跡の改善です。フォトフェイシャルで照射するIPLの波長には、ニキビの原因となるアクネ菌の殺菌効果があるとされています。アクネ菌を殺菌することで、炎症性のニキビが改善されます。アクネ菌のエサは皮脂なので、フォトフェイシャルの皮脂分泌抑制効果によってニキビ予防も可能です

【フォトフェイシャルの効果⑤】シワやたるみ改善

5つ目は、シワ・たるみの改善です。フォトフェイシャルは皮膚内でバネやクッションになる成分を増やします。肌の深い層(真皮)にある線維芽細胞を刺激することでふっくらした弾力を生みだし、たるんだ肌が持ち上がります。たるみで生じたシワ・目尻などの細かいシワも解消するでしょう。

フォトフェイシャルの仕組みとは?美肌効果が期待できる理由を徹底解説

フォトフェイシャルの仕組みとは?美肌効果が期待できる理由を徹底解説

フォトフェイシャルで使用するIPLの光は、複数の波長を持っています。

IPLは照射された時点では光エネルギーですが、メラニンやヘモグロビンに反応すると熱エネルギーに変わります。肌に蓄積されたメラニンやヘモグロビンに直接ダメージを与え、ターンオーバーを活性化することで、シミやそばかす、赤みなどの肌トラブルを解消する仕組みです

美肌に欠かせないコラーゲンやヒアルロン酸を生成する細胞の一つである線維芽細胞を活性化する効果も期待できます。

シミやそばかすの原因となるメラニン色素、赤みの原因となるヘモグロビン、シワ・たるみの改善につながる線維芽細胞にマルチに作用するため、幅広い肌悩みへの同時アプローチが可能です

フォトフェイシャルで効果が出る人と出ない人の違いはなに?フォトフェイシャルが向いていない人も紹介

フォトフェイシャルで効果が出る人と出ない人の違いはなに?フォトフェイシャルが向いていない人も紹介

同じフォトフェイシャルの施術を受けても、効果を実感できる人とできない人が存在します。その違いは何なのでしょうか?効果が出やすい人・出にくい人の特徴と「受けられない人」についてまとめました。

フォトフェイシャルの効果が出る人の特徴とは

フォトフェイシャルは部分的に行うレーザー治療と比べると、顔全体に行う比較的マイルドな施術です。基本的には回数をかけて徐々に肌の内側から改善するため、まずは「継続して通える人」の方が向いています。

また、どちらかというと肌の浅い層(顔全体に広がる小さいor薄いシミ、キメやハリupなど)のお悩みがある人の方が、効果を実感しやすいでしょう

フォトフェイシャルの効果が出ない人の特徴とは

フォトフェイシャルは様々な肌悩みに効果が期待できる施術ですが、「目立つアザ」「深いシワ」「クレーター状のニキビ跡」など、肌の深い層にお悩みのある人にはおすすめできません。回数をかけて治療しても、改善するのは難しいでしょう。

老人性色素斑やそばかすと区別がつきにくい肝斑を治療したい人も、かえってシミが濃くなったり、肌が白抜けして色の違いが目立ったりするため避けてください。

フォトフェイシャルを受けられない人ってどんな人?

フォトフェイシャルは施術時間が短くダウンタイムもほぼないため、比較的受けやすい施術です。しかし、なかにはフォトフェイシャルを受けてはいけない人もいます。フォトフェイシャルを受けられない人の特徴は以下の通りです。

妊娠中・授乳中の人

妊娠中・授乳中ホルモンバランスが乱れてシミができやすい状態のため、施術を受けられません。フォトフェイシャルをするなら出産後、ホルモンバランスの様子を見てから受けましょう

真性ケロイドの人

皮膚が赤く盛り上がった状態の傷跡(真性ケロイド)を持つ人も、熱傷によってケロイドを誘発してしまう可能性があるため、施術を受けられません。どのような治療なら受けられるか医師に相談しましょう。

日焼けした人

日焼けをした肌はメラニンが活性化している状態のため、フォトフェイシャルによって火傷や色素沈着を起こす可能性があります。日焼け後は2週間ほど時間をおいて、炎症が落ち着いてから施術を受けましょう。

てんかんの発作を起こしたことがある人

てんかんの発作は、皮膚からの刺激や光による刺激を起因としている場合があると言われています。そのため、今までてんかんの発作を起こしたことがある人も、施術を受けられません。別の治療法がないか、医師に相談しましょう。

光線過敏症の人

光線過敏症の人も、フォトフェイシャルの光で赤みやかゆみといったアレルギー反応が出る可能性があるため、施術を受けられません。光を使用しないその他の治療法を検討しましょう。

薬を内服・外用している人

内服薬や外服薬の中には、光によって皮膚の炎症を起こす光感受性を高めるものがあります。日常的に薬を内服・外用している人は、問題ないかカウンセリング時に確認しましょう。

フォトフェイシャルの効果はどのくらい?適切な治療回数の目安を紹介

フォトフェイシャルの効果はどのくらい?適切な治療回数の目安を紹介

フォトフェイシャルの効果はどのくらい続くのでしょうか?また、1回でも効果はあるのでしょうか?ここでは、フォトフェイシャルの効果と適切な治療回数について解説します。

フォトフェイシャルの効果はいつからいつまで続くの?効果は永久ではないってホント?

フォトフェイシャルの効果は数ヶ月から1年以上持続するといわれています。しかし、個人差があり、また永久ではありません。効果をできるだけ長く保つには、日焼け止めを毎日必ず塗る、喫煙・夜更かし・暴飲暴食など肌ダメージの原因となる要因を避けるなどの対策が必要です。

フォトフェイシャルは1回でやめても効果ある?気になる肌の症状ごとに目安の回数をご紹介

フォトフェイシャルは何回通えば効果を実感できるのでしょうか?1回でやめても大丈夫なのでしょうか?症状別のおすすめの回数を見てみましょう。

実はフォトフェイシャルによる施術は、シミ・くすみ・そばかすなどの黒ずみ除去、毛穴の開き改善、赤ら顔、ニキビの色素沈着、シワ・たるみなどの症状全般に対して「1回でも効果を感じやすい」施術とされています。

ただし、一度で一気に症状が改善する治療ではないため、少なくとも3回程度、5回以上通うのがおすすめです。継続的な治療を目的として、回数制のコースを提供しているクリニックも多いです

どこまで施術すれば納得できるかは人それぞれですので、無理なく通える回数を担当医と相談するとよいでしょう。

フォトフェイシャルのメリットとデメリットとは?

フォトフェイシャルのメリットとデメリットとは?

フォトフェイシャルにはどんなメリット・デメリットがあるのでしょうか。施術を受ける前におさらいしておきましょう。

フォトフェイシャルのメリットとは?

フォトフェイシャルのメリットは主に以下の3つです。

【フォトフェイシャルのメリット①】ダウンタイムや副作用が少ない

照射後のダメージが少ない施術のため、ダウンタイムや副作用が少ないというメリットがあります。施術直後の洗顔やメイク、当日のシャワーも可能です。
レーザー治療
のように施術後にテープを貼ったり、生活に制限があったりしないので、初めて美容医療を受ける人にもおすすめできます。

【フォトフェイシャルのメリット②】顔全体のさまざまなトラブルを同時に改善できる

フォトフェイシャルは複数の波長を持つ光を照射することで、幅広い肌悩みに同時にアプローチできます。例えば細かいシミが気になって治療を受けるのと同時に、肌のハリやキメまでケアが可能です。1回でも効果を実感できる場合もありますが、定期的に通うことでより美肌に近づき、維持もしやすいです。

【フォトフェイシャルのメリット③】顔以外にも施術が可能

フォトフェイシャル顔以外の部位にも照射できます。例えば首やデコルテ、背中などに気になるシミがある場合は施術を検討するとよいでしょう。フォトフェイシャルの光は肌トラブルがある部分のみに反応するため、素肌を傷つけることなく治療でき、痛みもほとんどないため安心です

フォトフェイシャルのデメリットとは?

フォトフェイシャルを受ける際はデメリットも知っておく必要があります。フォトフェイシャルのデメリットは主に以下の3つです。

【フォトフェイシャルのデメリット①】施術中に痛みを伴う場合がある

フォトフェイシャル痛みを感じにくい施術ですが、色素沈着施術を受ける度に肌が白くなるため、回数を重ねるごとに痛みは和らぎます。

【フォトフェイシャルのデメリット②】施術直後の紫外線対策が必要

施術直後は肌が紫外線の刺激を受けやすい状態になっているため、色素沈着を起こす可能性があります。日焼け止めをしっかり塗ることはもちろんのこと、「紫外線の強いレジャースポットなどへの外出を避ける」「日傘や帽子などでも紫外線対策をする」などの工夫が必要です。

【フォトフェイシャルのデメリット③】施術を行えない場合がある

上述した「フォトフェイシャルを受けられない人」に該当する人は、施術を受けられません。日を改めて施術を受けたり、他の治療法がないか医師に相談したりしましょう

しっかり効果を感じるために抑えておきたいポイントとは?効果を実感できるおすすめのポイント3選をご紹介

しっかり効果を感じるために抑えておきたいポイントとは?効果を実感できるおすすめのポイント3選をご紹介

フォトフェイシャルの効果を高めるコツはあるのでしょうか?フォトフェイシャルの効果を引き出すポイント3つをまとめました。

【効果を上げる方法①】1~2か月単位で定期的にうける

フォトフェイシャル1回でも効果を感じられる場合もありますが、しっかり症状を改善したいなら断然複数回通うのがおすすめです。3~4週間に1回のペースで、4~5回通うと効果を実感しやすいです。

【効果を上げる方法②】施術を受ける前後で日焼け対策をする

日焼けしている(色が黒くなっている)とフォトフェイシャルの光が正常部分にも反応して火傷や色素沈着(しみ)の原因になるため、そもそも施術を受けられない可能性が高まります。フォトフェイシャルの前後1ヶ月は日焼けしないよう注意しましょう。

【効果を上げる方法③】施術後にしっかりと保湿をする

施術後は肌が敏感な状態になっています。化粧水+クリームでしっかり保湿しましょう。より効果を高めたい場合は、ビタミンC誘導体入りの化粧品を使うのがおすすめです

フォトフェイシャルを行う際のNG行動とは?気を付けたい行動2選をご紹介

フォトフェイシャルを行う際のNG行動とは?気を付けたい行動2選をご紹介

フォトフェイシャルを受ける際は、上述した以外にも気を付けるべきNG行動があります。ここでは、うっかりしてしまいがちなその他のNG行動2つをご紹介します。

【NG行動①】 施術でできたかさぶたを取る

施術後数日経つと、シミがある部分にかさぶたができる場合があります。肌ざわりがザラザラするため、洗顔時などに気になるかもしれませんが、無理にはがすのは止めましょう。取れた後、またシミになる可能性があります。

【NG行動②】施術当日に激しい運動や長風呂をすること

フォトフェイシャル施術直後から洗顔やメイクが可能で、当日のシャワーも可能ですが、当日に激しい運動をしたり長風呂をしたりするのは、赤みが増す可能性があるためNGです。飲酒も控えましょう。

フォトフェイシャルの効果が一番感じられる機械はどれ?厚生労働省から認可されているおすすめの機器2種類をご紹介

フォトフェイシャルの効果が一番感じられる機械はどれ?厚生労働省から認可されているおすすめの機器2種類をご紹介

同じフォトフェイシャルの施術でも、使用する機器に種類があるってご存じですか?せっかくなら一番効果が期待できる機器で施術を受けたいですよね。ここでは、おすすめの機器2種類をご紹介します。

【多くのクリニックで採用】6種類のフィルターで高い効果を感じたいなら「M22」

フォトフェイシャルのなかで、最も多くのクリニックで導入されている機器です。肌のお悩み別に、最大6種類のフィルターを選択できます。皮膚を冷やしながら照射するため、火傷や肌ダメージリスクを抑えた治療が可能です。

少ない回数と痛みで肌改善を目指したいなら「ルメッカ」

従来の光治療機では治療が難しかった「薄いシミ」に効果が期待できます。照射後の反応は強く出るものの、濃いシミの改善も得意です。少ない回数(1~3回程度)と痛みで肌トラブルの改善を目指したい人におすすめです

効果を出すためのクリニック選びのポイントとは?おすすめのクリニックも紹介

効果を出すためのクリニック選びのポイントとは?おすすめのクリニックも紹介

フォトフェイシャルの効果を高めるためには、クリニック選びも非常に重要です。クリニックを選ぶ際には「初診料・カウンセリング料が無料」・「トライアルプラン・モニター制度の有無」・「アフターフォローの充実度」に注目して選びましょう!

上記のポイントをおさえ、さらにニキビ治療の症例数が豊富な「アクネクリニック」「フェミークリニック」「品川美容外科」は特におすすめですよ♪

ニキビ治療に特化したニキビ専門美容クリニック

アクネクリニック

評価
5.0
(2件)
店舗 3院
営業時間 10:00~19:00

全国に39店舗展開している美容クリニック

品川スキンクリニック

評価
(0件)
店舗 23院
営業時間 10:00~19:00

オーダーメイドで治療のプランを組み立てるクリニック

フェミークリニック

評価
(0件)
店舗 6院
営業時間 11:00~20:00

※人気順は当サイト経由での月間の予約申し込み数の多い順に表示しています。